iPhoneやiPadは便利だが、長文を打つのには不向きだ。純正のキーボードを買ってみてもいいが、結構な値段がする。そこで丁度良いものがないか探してみた。

そこで見つけたのが、このエレコムのTK-FBP102だ。3000円というにも関わらずiOSだけではなく、MacやWindowsもサポートしている。あと何より嬉しいのはUS配列ライクだという点だ。

手元にあったUS配列のApple wireless keyboardとの比較。海外メーカーだと一般的なUS配列のキーボード。

微妙に傾斜がついているが、これは単四電池のスペース分のため。

JIS配列を使っている人からすれば、わざわざ何故そのようなものを使うのか不思議でしかないと思うが、US配列は使いやすい。US配列はFとJに指を添えたときに自然とEnterに小指が乗る。理由はLの隣にUS配列では2つしかキーが無いが、JIS配列だと3つも余計にキーがくるからだ。

そのせいでFとJに指を乗せたときにUS配列だと綺麗に左右を2分するように手が置けるが、JIS配列だと微妙に左に寄ってしまう。結果的に毎回Enterを押すために右手を移動させることになり非常に面倒だ。手が大きければよいかもしれないが私はそこまで大きくないのでとても不便。US配列だとその煩わしさから解放される。

US配列ではLの隣に2つしかキーが無いが、JIS配列だと3つも余計にキーがくる。そのせいでJIS配列だと右手の指を動かさないとEnterキーに指が届かない。

しかし、US配列はメリットばかりではない。当たり前だが日本語への入力 切替が面倒だ。 毎回cmd+Spaceを押すのはEnterキーの場所などどうでもよくなるくらい重労働であり、下手をすれば発狂する。

その点このキーボードの素晴らしいのが、変換キーがWindowsと同じ場所に付いているということだ。こいつを一発押せば、英数かな変換があっという間にできる。まさにUS配列とJIS配列のいいとこ取りなのだ。しかも、CmdキーやCtrlキーの位置はいつもと同じなので、MacでもWindowsを両方使っていても困ることのない配列になっている。Windowsユーザーが格安でUSキーボードを使うにも良さそうだ。

かな変換キーが付いている。煩わしい英数かな変換も一発でできるのが嬉しい

かな変化のキーを押せば英数とかなの変換ができる。PCと同じような感覚で使えるのが便利

微妙に配列は違うが、WindowsとMacで使うにも問題ない配列

デバイスごとの切り替えもショートカットキーで簡単にできる

打感は前世代のapple wireless キーボードをさらに少し鈍くした感じなので、良いかどうかと言われると微妙。だがそれを吹っ飛ばすくらいのメリットがあるので自分は気にならない。またとても軽いので、持っていくのにも苦にならない。スマートフォンと組み合わせることで、どこでも気軽に文字が起こせる。

キーボードよりも手前にスマホを置くと打ちやすい

価格も3000円程度と「とりあえず買ってみる」というだけもいいくらい安い。打感に期待してはいけないが、色々なデバイスで使えるUS配列とJIS配列のいいとこ取りのキーボードとしてはかなりよいものだと思う。