足元で全体がバシッと決まる

スコッチグレインというメーカーがある。部品が多く作業工程も複雑だが、丈夫でソール交換などの修理がしやすいグッドイヤーウェルト製法で職人が一つ一つ手作りしている靴を販売している。最低でも3万円からと量販店で販売されているものよりも多少値が張る。

スコッチグレインHP

しかし、製品のクオリティは価格以上だ。私は4年前に一足購入した。その靴は今でも履いている。毎年一足程度買い足して、今では雨用以外は全てスコッチグレインだ。足元をしっかりさせるだけで全体がバシッと決まる。逆に言えば服が適当でも靴さえしっかりしていればそれなり見えるので私は靴に気を使う。

スコッチグレイン、オデッサ。上野駅だとスイカで支払えるのでクレカで貯まったポイントで靴を買っている

スコッチグレインの店員は自社の製品を本当に楽しそうに語る。自分がわからないことを聞くと丁寧に説明してくれる。自社の製品を熱く語れる店員は信頼できる。靴を購入する際には丁寧に足のサイズを測ってくれる。サイズのデータは会員情報と紐づけられるので会員カードを渡すだけで、自分の足にぴったり合う靴を持ってきてくれる。左右の足のサイズが違う場合でも中の詰め物を外したり、皮を別途はりつけて微調整してくれる。私は左右で足の長さが5mm違うので靴擦れを起こしてしまう。その時も丁寧に対応してもらった。

スコッチグレインの証でもある木型に皮を固定するために打った製造の際の釘の穴

 

実質セミオーダーの鎌倉シャツ

同じように質の高い製品を提供する鎌倉シャツという企業がある。メイドインジャパンで生地にもこだわったワイシャツやジャケットが手頃な価格で手に入る。

鎌倉シャツHP

汗をかいてもベタつかないのが好きだ。細い糸で生地が作られた200番手のワイシャツも持っているが、着心地がまるで絹のようで着ているだけで気持ちがいい。また、800円ほど払えば袖直しをしてくれるので、実質セミオーダーのワイシャツが格安で手に入る。購入した後でも直してくれる。首回りと腕の長さが合わない人はワイシャツ選びに苦労するが、鎌倉シャツならその点は心配いらない。

200番手シャツ。正直やりすぎた感はある。

店員もスコッチグレイン同様に懇切丁寧で、製品の知識も豊富だ。愛想笑いして「そうですね」を連呼する店員などいない。これから大切にしていくものを選ぼうとしている時にサポートしてくれる店員がいるというのはとても有り難い。

価格と質のバランス

服や靴に気を使おうかなと思ったときに、「値段は高すぎず」かといって「チープではない上質なもの」で「手に入りやすく」「みんなが着ていないもの」という条件を考えると靴ならスコッチグレイン、服なら鎌倉シャツになる。クロケット&ジョーンズは流石に手が出ず、ペルフェットもちょっと…となると、これ以外の選択肢は殆ど残っていない。リーガルはみんな履いているから嫌だ。

大量に物が溢れる時代に何か一つのものを大切に使っていきたいと思うことがある。踵が磨り減ったら修理に出し、長く靴と付き合っていく。そうやって使い込むことに、男なら誰しも憧れを抱く。皮が伸びて自分の足にぴったりと合っていき、使い込むほど自分だけの靴が出来上がっていく。

そのようなことをしてみると、以前に比べてマメな人間になったなと思う。雨の日に革靴は厳禁なので出かける時には必ず天気予報を見るようになった。革製品は手入れが必須なので定期的に物を手入れするようになったし、何より物を大事にするようになり性格すら変わった気がする。

スコッチグレインといえばウイスキー。ウイスキーで磨くといい感じに光るらしい。自分はまだやっていない。ちなみにダルモアはメーカーから許可をもらっているらしい。

他とは”ちょっと”違うものを使いたくなる。それはつまり「こだわり」だろう。自分の好きなものに囲まれてみると、客観的に自分という人間がどんな人間かが見えてくる。自分自身で自分のことはわからないが、好きなモノを通して見ると「ああ、自分とはこのようなものが好きな人間なのだな」とよくわからなかった自分の姿がまるで鏡を見ているように見えてくる。

だから私は「こだわる」ことが好きだ。でも拘りすぎないようにもしている。ありとあらゆることに拘っていたら疲れてしまう。拘ることに疲れてしまったらそれこそ本末転倒だ。拘りとはあくまでもスパイスのような人生の調味料だ。主食ではない。拘りすぎてもいけないが、拘りのない人生は味気ない。