撥水がなくなったDICROSのレインコートをモンベル のベースクリーナで復活させる。

未分類

レインコートの撥水性が消失した。

鎌倉シャツで買ったレインコートの撥水がなくなってきた。購入してから4年以上経っているのでかなり良く持った方だと思う。コートのラベルを見ると頑なに洗濯するなと書かれているが、洗濯して失敗しようがしまいが現状に変わりはないので洗濯することにする。

4年間全く洗わなかったレインコート。

水が生地に染み込んでいく。

モンベルのベースクリーナー

使用するのはモンベルのベースクリーナー。登山で使うジャケットとかを洗濯するのに使っている。鎌倉シャツのレインコートはDICROSという生地で、ダウンジャケットやレインコートによく使われている。正直クリーナーで洗えるかどうかはわからないがやってみる。

モンベルのベースクリーナー。DICROSの生地はモンクレールとかの良いお値段する服に使われている。それが2万円くらいで買えてしまう鎌倉シャツ。

洗い方

洗い方は洗濯機でも手洗いでもどちらかだが、量が少ないので手洗いにする。バケツにぬるま湯を張って、クリーナーを入れて数分放置したあと揉んで洗う。あとは濯ぐだけ。

バケツにぬるま湯を張って、5分間つけ置きした後で押し洗いして、水がきれいになるまですすぎ洗いする。

気をつけないといけないのが、洗濯機で脱水することができないことだ。撥水性があるのでそもそも脱水できないらしい。風呂場の中で洗って、ハンガーで吊るしておけば大丈夫。

見るからに汚い押し洗いした後の水。

乾いたら当て布をしてアイロンをかける。当て布とってもハンカチとかで十分。アイロンがないならやらなくてもいいと思う。自分はシワが気になったのでやっただけだ。

完成

出来上がったので、試しに水をかけてみる。今度は染み込むことなく水をちゃんと弾くようになった。今度は傘にでもやってみようと思う。

完全復活したかどうかは怪しいが、前よりかは水を弾くようになった。気がする。