絶版の靴のソールが磨り減って絶望したけど、Mr. ミニットで綺麗に直った

生活
修理された靴。新しいソールの素材を上から貼り付けている

私はよくMr.ミニットで靴を直す。ソールが磨り減ってしまい。アッパーは綺麗なのにも関わらず履けなくなってしまう。こんなに綺麗な靴を捨てるのは忍びない。自分は靴はそれほど買わない。同じ靴を数年間は履く。今回直した靴も3年間くらい履いていると思う。週に2日程度しか履いていなかったのでまだまだ綺麗だ。靴は何足かでローテーションすると数年くらいは持つ。

ソールがすり減ってしまって底が見えている

踵もすり減って靴底の素材ごと削れてしまっている

アッパーはまだ綺麗で新品のよう

ソールは壊れたら直せるが、ソール以外の部分は汗によってどんどんヘタっていく。1日はいたら2,3日は休ませる。それを繰り返すと自然と数年靴がもつ。ただ、別に安く靴が持てるというわけではない。安く済ませたいなら3000円程度の靴を履き潰した方がずっと安いと思う。

修理された靴。新しいソールの素材を上から貼り付けている

以前のソールとは違うが、外見を見るとほとんど大差はない

踵もこんな感じに修理されている。もっと早く修理すべきだった

ただ少しつま先の接着が甘い。もう一度持っていくべきかどうか…

これはほぼ趣味と言っていい。好きなものに囲まれていたいからこのようなことをする。今回の私もの靴も6000円しないのに、7000円かけて修理してしまった。それでもいい。もうこの靴は廃盤になってるし。何より気に入っている。涼しげなこの靴で思い切り夏の日を歩く。

綺麗に直った。またこれで歩ける。思い切り。