MacBook AirとQNAPで手軽にNASを使ってみる

ガジェット

iPad Pro+BTキーボードは使いにくい

私は今だに2012年モデルのMacBook Airをサブで使用している。iPad Proも持っているが、正直キーボードをBluetoothで接続しても使いにくさは拭えない。そういうことが「可能」というだけあって使いやすいかどうかと言われたら、紛れもなく使いにくい。PCのように使えるかもしれないが、文字を書いている最中に急にブラウザを立ち上げて少し調べることをしようものなら、一度手を伸ばしてiPadを手に取り、指を用いてスクロールすることになる。マウスが使えるようになれば全てが解決するのにAppleはマウスをユーザに使わせる気は無さそうだ。

なんだかんだでPC持って行った方が便利

そんなわけで、旅行などで無理してミニマリストを気取ってiPadで全てを済ませようとするなら、間違いなくMacBook等のラップトップを持って行った方がいい。ソファに座って操作するためのPCがタブレットPCなのだから、そもそもラップトップと役割が違うのだ。今はメインが別にあるので、MacBook Airの出番はあまりない。2012年のモデルなので下手すれば最新のiPad Proよりもスペックが低い可能性がある。

しかし、今だにAmazon Prime Musicを開いて文章を書いたり、ネットサーフィンするくらいなら何も問題なく動いてくれる。Pythonでさっとコードもかける。しかし、容量が128GBしかないので、Homebrewなどはアンインストールした。ここら辺は割り切るしかない。画面の解像度も狭く感じるが、使っていると慣れる。6年も経つのに別に今使うとなっても困る点がない。バッテリーの持ちはお寒いが、コンセントがあればまだ耐えられる。

何よりこのPCは戦友なのだ。学生時代に本当に金がなくて、これなら買えるとAppleローンのキャンペーンを利用して購入した。その時に学んだ「買うべきものは金を惜しまず買うと結果的に安く済む」ということをこのMacBook Airは教えてくれた。インドネシアにインターンしに行くときもこれを持って行った。インターン中にSSDの初期不良でPCが起動しなくなり、USBからUbuntuを起動して無理矢理マシンを動かしたりと思い出が詰まっている。大学の課題や卒論や修論の研究もこのPCで行った。自分の成長の全てが詰まっているのがこのPCなのだ。

インドネシアでの悪夢

こんなに長く何かのデバイスを使ったことは無かったし、こんなに長く使っているのに全く飽きないデザインのデバイスも初めてだった。見れば見るほど美しい。地味に気に入っているのが日本語キーボード。USならcapsがある場所にcontrolキーが来ているのでctrl+Hとかのショートカットがめちゃめちゃに使いやすい。また、英数かな変換の位置が素晴らしい。Windowsは英数かな変換の位置が酷すぎる。

JIS配列とUS配列

 

QNAPのNASを使うことで足りない容量をカバー

容量が足りない点はクラウドにデータを置くことで対応している。といってもそんなにデータはないので困らない。バックアップはQNAPのNASを使用している。NASにiTunesの設定ファイルを置いているので、どのパソコンからもiTunesが開ける。また、メディアサーバーにもなるので、Androidならば直接メディアサーバーにアクセスしてNASの中の音楽を聴くことができる。iPhoneなどでも専用のアプリをインストールすれば同様のことができる。写真.appの設定ファイルもNASに置いてあるのでどのパソコンからでも開くことができる。QNAPのNASはTime Machineにも使えるし、メデイアサーバーにもなるし、Gitlabも入れられる。持っていると色々と便利なNASではある。また、QNAPが用意したmyqnapcloudというページから、特別な設定をしなくても外部からデータにアクセスできる。lte’s encryptにも対応している上に導入には全く複雑な作業がいらないのも魅力的だ。

 

まとめ、使うべき道具に金を惜しむべきではない

昔、駿台に通っていたころに古文の松井という講師から「大学生になったらいい革靴を買って大事に履きなさい。一生モノだよ」と言われた。確かに大事に使っているとそれはもうただの物ではなくなる。まるで体の一部のような、そんな気すらしてしまう。もし、これを読んでいるあなたが、大学生でお金がなくて妥協して古いパソコンを買おうとしているなら。Appleローンのキャンペーンをやっているときに24回払いでもいいからMacBook Proでも買った方がいい。使うべき道具には金は惜しむべきではない。

保存保存