M1チップ MacBook Airを買った。結構後悔してる。

未分類

M1チップのMacBook Airを買った

今までiMacの27インチ5kモデルを使っていた。2015年に買ったので結構古い。ディスプレイはとても美しく満足したが、如何せん高さが合わない。私にはiMacのディスプレイの高さは高すぎる。頑張って色々調整してみたが一向に合わない。VESAモデルを買ったところでリンゴマークが入ったアゴの部分が邪魔で自分が求める高さに合わせられない。おまけにあのアゴ部分が排気口になっているので、下まで下げると排気口を塞いでしまう。もうどうにもならなかったので、最新のMacBook Airを購入した。

後悔ならある。なんといってもiMacの5Kディスプレイは本当に美しい。27インチで画素密度が227ppiくらいある。そんなものを別に買おうとしたら軽く15万円以上する。そんなディスプレイが付いたPCが20万円ちょっとで買えるのは破格だと思う。ただ、筐体が大きいのでVESAモデルを買ったところであまり画面を下げることができない。新型になってデザインが一新されたら買おうと思う。

メモリ16GB、SSD1TBに盛った

そんなわけで新型のMacBook Airを買った。一番安いのでも十分だった気もするが、以前最小構成のMacBook Airを購入して容量の少なさに困ったので、今回は盛りに持った。メモリを16GBにしてSSDを1TBにした。これだけ変えても4万円しか変わらないなら上げてもいいと思う。MacBook Proの13インチとはTouch Barの有無しか変わらないのに3万円も高くなる上によく使うFキーがなくなるのが嫌だったのでやめた。

Appleと提携している会社は社割が使える

ちなみに社割を使ったので学割とほぼほぼ同じくらい安く購入している。会社の福利厚生でAppleと提携して社割が使える場合があるので、確認した方がいい。大体通常価格と学割価格の中間くらいの値段で購入できる。公式サイトで購入すればAppleローンも利用できる。利率が0%ならむしろ使った方がお得と考えている人間なので、今回も利用した。

M1はまだやめた方がいい

ベンチマークは色々なところから出ているので、ここでは体感的な性能を書きたいと思う。普段使いする分なら少し前のフルカスタムしたiMacと大差ない。ただ、ブラウザでグーグルマップを航空写真で見ると、iMacだと読み込んだときに詳細な画像が見れるのに、MacBook Airだとかなり拡大しないと高解像の画像に変わらないなどの微妙な差がある。iPhoneとかiPadのアプリも動作するが、対応しているソフトが少ない。

また、Unityのブラウザゲームをプレイしたが、正直かなりカクついてプレイできたものではなかった。5年前のiMacの方がまだスムーズに動作した。確かにベンチマークは上がったかもしれないが、正直なところソフトがまだM1に最適化されていないので、intel版の方がいいと思う。個人的にはパラレルズが動かないのが辛い。

テクニカルレビュー版のパラレルズを動かす

先日テクニカルレビュー版のパラレルズとARM版のWindows10を入れてみたが一応動いた。早く発売して欲しい。それ以外は不自由を感じない。ファンがないのでうるさくないくらいの違いしかないと思う。正直なところ、MacでGPUが必要な場合は動画編集くらいなので、よほど古いmacを使ってて買い換えたい人でもない限り、買い換える必要はないと思う。ゲームなんて基本Windowsだし、よっぽどMacが使いたいということでもない限りは買い換える必要はないと思う。

電池持ち

電池持ちに関しては8年ぶりにラップトップを購入したのでわからないが、ガッツリ使っても結構持つ。iPhoneと同じくらい電池持ちするなという印象。1日くらいなら充電無しで使えると思う。

まとめ

よくよく考えたらiMacを使っていた時から「youtubeの4k動画がめっちゃ綺麗!!!」っていうのと写真編集にしか使っていなかったので自分にはこれくらいのスペックで十分だった。しかも4k動画なんて風景しかないので完全にiMacを持て余していた感がある。

世の中のソフトは基本的にintelのCPUに最適化されているので、intel版を買った方がいいと思う。M1はロマンを買っているだけ。intel CPUで新しいiMacが出たらそっちを買うと思う。性能は良くても、まだ周辺環境が整っていない。悩んでいるならintel版を買おう。互換性も酷いものでディスプレイに関しては普通にやるなら1枚までしか表示できないし、USBも2ポートしかない。パラレルズやら諸々のソフトが非対応などのつらみがある。今購入を迷っているなら、よく考えた方がいい。冷静に。しかし、冷静になれないのが人間。さぁポチって気持ちよくなろう。