仕事に刺激を求めて無意味にコンビニで新作を買うのが趣味の人は大勢いると思う。現に私もそうだ。

間違えてドリップを買った

しかし、コンビニで買える飲み物は酒以外は全て飲んでしまった。そこでコーヒーだ。最初は特に味も気にせず。インスタントを買っていたが、間違えてドリップを買ってしまった。そこから味にも違いがあるような気がしたのでコーヒーを飲んでいる。もとよりそこまで嫌いではなくて、インドネシアに行った時に好きになった。インドネシアで適当に買ったインスタントが濃厚で美味しかった。

珈琲豆は高い

しかしだ。コーヒー豆は高い。140gで800円程度はする。豆から挽くのもよいが、そうなると今度は職場のコーヒー修行僧がうるさい。ドリッパーの種類なんてどうでもいいし、豆を挽く粉砕機のギアを変えることで粒の大きさを自分好みに変えれるなんていうのもどうでもいい。牛乳をいれようものならば戦争が始まり、葬式中のお経よりも長い時間の有り難くない話を聞くことになる。最終的にそこまで辿りつくだろうが、パラメータは少ないほうがいい。

手軽に手に入るドリップ

最近気に入っているのが、スターバックスハウスブレンドと小川珈琲だ。この2つはスーパーによく置いてあるのでカルディに行かなくても手に入る。飲んで美味しかったのがスタバのドリップ。高峰の味だが、値段も最高峰で肉より高い。

毎回何も考えずにスタバのハウスブレンドを買えるほどブルジョアジーではない。必死にスタバと張り合える味と値段のコーヒーを探した。そこでたどり着いたのが、この小川珈琲だ。味も値段申し分ない。珈琲の味の深みをより際立たせる絶妙な苦味のバランスが素晴らしい。これを豆で買って上手に淹れれば最高の味になるのではないだろうか。