DSC_5391

 

Xperia Z4を購入した

外で使うならこれで十分だと思い、しばらくiPhoneを使っていたが、持ち前の好奇心でハイレゾを外でも楽しみたくなってしまった。しかもwalkmanのノイズキャンセリングをいたく気に入ってしまっていたため、ノイズキャンセリングが使えるオーディオプレイヤーを探していた。当然、候補に挙がるのはWalkmanである。しかし、ただのwalkmanといえど、昨今のwalkmanは機能としては値段とやや釣り合わない。

amazonでこの価格である。価格comでは最安で24000円であるが、いささか高い。しかもHNでなければノイズキャンセリング付きハイレゾ対応イヤホンが付属されない。

そこで他に良いものはないか考えたところ、Xperia Z4が丁度良い価格だったので購入した。

選んだ理由は価格一点だけである。発熱が酷いということで、評価は悪く、これよりも前のXperia Z3の方が価格が高いという状態にまでなっている。購入してから3ヶ月ほど経つが、言うほど悪くない。確かに熱くなるが、発熱で強制再起動の無限ループなどというacro HDのような状態ではないし、それにケースを着けてしまえば発熱も気にならない。

Xperia Z4の仕様

スペックは次の通りで、これで3万円程度なら十分ではないだろうか。三ヶ月ほど使っているが、今まで熱で強制再起動になったこともないので、気にするとしたら結構熱くなることだけだと思う。

 

Xperia Z4の外観

Xperia Z4の外観は次の通り

全体

全体

iPhone6sよりも一回り大きい

iPhone6sよりも一回り大きい

厚さはiPhone6sと変わらない

厚さはiPhone6sと変わらない

Xperia Z4で音楽を聴く

SONYが作っているだけあって音楽アプリはかなり充実している。ハイレゾ再生とLDAC、そしてデジタルノイズキャンセリングやヘッドホンの音響特性を自動分析し最適化する等、かなり充実している。

ミュージックアプリ。Andoroidが搭載されているWalkmanやXperiaと同じUIになっている。

1.ミュージックアプリ。Andoroidが搭載されているWalkmanやXperiaと同じUIになっている。

設定画面

2.設定画面。SONY製ノイズキャンリング対応イヤホンを使用することができる。

サウンド設定

3.サウンドエフェクトではイコライザーや自動最適化等、詳細な設定ができる。

イコライザ画面。カスタムとユーザー設定を含めて、最大で3つのオリジナル設定ができる。

4.イコライザ画面。カスタムとユーザー設定を含めて、最大で3つのオリジナル設定ができる。

私は大抵EARINかXBA-A3を使用しているが、Bluetooth接続ではaptXだけあって音が良い。また、SONY製だけあってXBA-A3とも相性は良いと感じる。 Walkmanでも同じような音であることを考えるとXperia Z4でもとくに不満は無い。

EARINとXBA-A3。XperiaはaptX対応

XBA-A3との相性も良い

自動最適化で、XBA-A3との相性も良い

個人的に気に入っているのが、ヘッドホンの自動最適化で、これをONにすると高周波がよりクリアに、低周波がよりしっかりと聴こえる感じがする。

自動最適化

ヘッドホンを認識し、その特性とユーザーの耳の形状を自動分析し、最適な音を再生する。

 

5.2インチ Full HD ディスプレイ

また、Xperia Z4のディスプレイは5.2インチ、フルHDなので、Amazonビデオ等で動画視聴するのも快適である。Kindleで書籍を読むのも見やすくていいのだが、如何せん大きいので、片手では操作できないのが少し残念。

full HD トリミナルディスプレイ

full HD トリミナルディスプレイ

カメラについて

Xperiaには有効画素数約2070万画素、裏面照射積層型 CMOSイメージセンサー Exmor RS for mobileが搭載されている。正直これだけで安いデジカメよりかはハイスペックである。以下にXperia Z4で撮影した作例を示す。

作例1。台湾の桃園空港から帰国した時の機内からの景色

作例3

作例2。箱根にて

作例3

作例3。深大寺にて、HDRが効いてるはずなのに白く飛んでしまう

 

その他の機能

その他にXperia Z4にはキャップレス防水に対応している。また、PS4のリモートプレイに対応しているので、やろうと思えば外でXperiaからPS4で遊ぶなんて事や、ブルーレイレコーダーと連携して、外で録画した番組を楽しめる。

スクリーンショット 2016-06-18 17.08.02

PlayStation®Appを使えば、PlayStation®4と連携して、Xperiaをセカンドスクリーンにしたり、リモコンとして利用したりすることが可能です。Xperiaのセカンドスクリーンでは、メインのゲーム画面とは違う情報を表示できます。また、「PS4 リモートプレイ」を使用して家中どこでもXperia Z4でPS4TMのゲームを楽しむことも可能です。

スクリーンショット 2016-06-18 17.11.26

ビデオアプリとTV SideView*を使えば、対応のソニー製のブルーレイディスクレコーダーと連携して、放送中の番組や録画した番組をXperiaで楽しめます。

まとめ

3万円という低価格で、walkmanやメディアプレイヤーとしてかなり優秀であると感じた。またボイスレコーダーも44.1kHzのロスレス録音をしてくれるので、iPhone6sよりも格段に良い音質で録音できる。

確かに使っているうちに発熱するが、それによって強制終了するということは今までない。ネットでの評判はすこぶる悪いが、私はそこまで酷いとは思わない。au系のMVNOであるmineo等で格安に運用できるし、Android6.0にも対応したのでこれからも使える一台だと思う。