IMG_0038 (1)

ワイドコンバーターVCL-ECU2を買った。

SEL20F28でも十分使い勝手が良かったのだが、もう少し広い画角が欲しいなと思い、SONYのワイドコンバーターレンズVCL-ECU2を購入した。結論から言うと満足している。私は風景ばかり撮るので広めの画角は有難いし、SEL20F28は解像度が高くキレッキレの写真が撮れる。

単焦点レンズSEL20F28。軽くて解像度が高く扱いやすい上に3万円程度と安い

VCL-ECU2の仕様

VCL-ECU2の仕様は次の通りである(http://www.sony.jp/ichigan/products/VCL-ECU2/spec.html)

焦点距離 (mm) 16
レンズ構成 (群-枚) 3-3
画角 (APS-C) 88°
開放絞り(F値) 2.8
最小絞り (F値) 22
最大撮影倍率 (倍) 0.086
フードタイプ 花形固定式
外形寸法 最大径×長さ (mm)  66×44
質量 約 (g) 125

焦点距離距離は35mm換算にすると24mmになるので、単焦点レンズとしてはかなり画角が広くなり、フルサイズのように扱えるのが嬉しい。

VCL-ECU2の外観

これ単品で単焦点レンズほどの大きさがあるので、SEL20F28と組み合わせると一般的な18-50mmレンズほどの長さになる。

VCL-ECU2

ワイドコンバーターVCL-ECU2

SEL20F28に取り付けた場合

SEL20F28に取り付けた場合

レンズフードを着けた時

レンズフードを着けた時

レンズフードはキャップ式ではなく、はめ込み式で放っておくと落ちそうで怖い

レンズフードはキャップ式ではなく、はめ込み式。放っておくと落ちそうで怖い

ケースが付属する。このケースはサイズ的にキットレンズのSEL1655が入るのが嬉しい

ケースが付属する。このケースはキットレンズのSEL1655がぴったり入る大きさ

SEL20F28だと、そのまコートのポケットに突っ込めたが、この大きさではそうもいかない。だったら最初から16mm単焦点でも出して欲しいとも思うが、そんな単焦点は恐らく売れないので、やはりこれがベストなのかもしれない。解像度については、このワイコンを装着することで、解像度が落ちることが不安だったが、そのようなことはない。ヨドバシアキバのSONY販売員に聞いたら「解像度は落ちないというか良くなる」と言われた。

大きさの比較

ワイコンを取り付けるとかなり大きくなり、重たくなる。感覚的には16-50mmくらいのレンズを取り付けるくらいに大きくなる。

大きさの比較、SEL20F28単体の場合

大きさの比較、SEL20F28単体の場合

ワイコンを装着するとレンズフードとワイコンで、単焦点レンズ2つ分長くなる。ちなみにレンズフードは外せない

ワイコンを装着すると、レンズフードとワイコンで単焦点レンズ2つ分長くなる。ちなみにレンズフードは取り外せない

デメリットは、大きくなって重くなるのと、レンズフードが固定なので外せないということ。また、単焦点レンズ側にレンズプロテクターを着けているなら、取り外さないと装着できないのが不便。ただ、SEL20F28はレンズフードにプロテクターが装着できるので、レンズフードをSEL20F28につけっぱにしておくなら良いのかもしれない。

ワイコン側のレンズフードは固定されていて外せない

ワイコン側のレンズフードは固定されていて外せない

SEL20F28側のレンズキャップにはレンズプロテクターを取り付けられる溝が彫ってある

SEL20F28側のレンズキャップにはレンズプロテクターを取り付けられる溝が彫ってある

ただ、レンズフードもプロテクターを付けると15mm程度の厚さになる

ただ、レンズフードもプロテクターを付けると15mm程度の厚さになるので、私は普段はレンズフードを着けてない

作例

先月の頭に函館に行ってきたので、そこでの作例を示したいと思う。

はこだてビール

はこだてビール

路面電車

路面電車。いい加減クーラーをつけて欲しい。

五稜郭

五稜郭

函館山

函館山

夜の函館

夜の函館1

夜の函館

夜の函館2

夜の函館

夜の函館3

市場。値段高すぎやしないか

市場。魚の値段高すぎやしないか

大沼公園

大沼公園とカヌー

ワイコンを取り付けることで画角が一回り広くなったので、その点では非常に扱い易くなった。35mm換算で24mm単焦点レンズというだけで胸が高まる。まあ値段も14000円程度なので、手が出し易くて良いと思う。