DSC03661

冬の髭剃り

電動シェーバーが本領を発揮する(と思っている)季節、冬がやってきた

別に、冬になると髭が剃りやすくなるわけではない。ただ、寒い冬の髭剃りは洗顔が非常に億劫だ。何が問題かというと、洗顔時にお湯で顔を洗うと肌が荒れるので、冬のクソ寒い中冷水で顔を洗わなくてはいけないということだ

それは最早拷問に等しい。何が悲しくて朝っぱらから冷水で顔面を洗わなくてはいけないのか。しかし、洗顔しないと髭が全然立たないので、きちんと髭が剃れない。レンジで蒸しタオルでも作れば良いのだが、忙しい朝にそんなことは面倒くさくて嫌だ

そんな男のワガママを全て解決してくれる神のアイテムがある。電動シェーバーである。今日は電動シェーバーの素晴らしさについて熱く語りたい

顔を洗わなくても剃れる

T字カミソリを使用していたときは、顔を洗い、ジェルを塗り、剃り、その後に化粧水という手順で髭を剃っていた。正直これを毎日やるのは、ダルくてダルくてたまらない

しかし、電動シェーバーに変えてからその煩わしさから解放された。今では朝起きて、そのまま何もせずに電動シェーバーで髭を剃っている。T字カミソリと比べても謙遜無く髭が剃れる。髭が寝てようがお構いなしに剃れるのがいい

T字カミソリの場合と電動シェーバーで髭を剃る場合とでは、髭を剃るトータルの時間はあまり変わらない。が、T字カミソリで顔を剃る面倒な手間からは解放される。あと、剃り残しを発見したときでも、サッと剃り直すことが出来るのでとても手軽である

血が出ない

T字カミソリの時には肌を切ることが怖かった。「まだ残ってるし、もうちょい…」と思って髭を剃ろうとすると、容赦なく皮膚から血が出るのが怖くて怖くて仕方がなかった

大事な用事がある日に、カミソリで顔を切って血まみれになるだなんて考えただけでもぞっとする。しかも、こういう切り傷の血は中々止まらないので、今まで本当に苦労していた

しかし、電動シェーバーに変えてその不安からも解放された。電動シェーバーならT字カミソリの様に顔を切ることはない。「まだ残ってるからもうちょい…」ということをやっても肌を切らない。夢のようである

肌が荒れない

T字だと肌が荒れる。そりゃ、刃を直接肌に当てているのだから荒れて当たり前なのだが、冬場になるとこの荒れが酷さを増す

寒い朝、お湯で顔を洗って肌が荒れる。そして、その状態から髭を剃ってまた肌が荒れる。もはやどうしようもない。電動シェーバーに変えてから、その悩みからも解放された

私が使っている電動シェーバー

私はPanasonic ラムダッシュES-LV56-Kを使用している

発売から1年以上が経過し、新しいモデルであるES-LV5Aも出ているが、正直これでも十分剃れるので、こちらの方が型落ちしている分安いのでおすすめである

T字カミソリと比べて太いので最初は慣れない

T字カミソリと比べて太いので最初は慣れない

ES-LV56は良く剃れる。「T字カミソリに比べて電動シェーバーはあまり剃れない」とよく言われるが、このES-LV56はT字カミソリと同等に剃れる。朝起きてそのままこのシェーバーで髭を剃る。便利すぎて手放せない

別売りのケースもある。旅行などで持って行くときに便利

別売りのケースもある。旅行などで持って行くときに便利

洗浄機付きのも出ているが、使わなくてもハンドソープを刃につけてクリーニングモードで洗浄してやれば、十分綺麗になるのでいらないと思う。

ケースを開けたところ

ケースを開けたところ

これより上位にあるモデルとこのモデルとの違いは「洗浄機から充電できる」のと「液晶の表示が異なる」だけで中身は全く一緒だとパナソニックのスタッフに言われた

あと、このシェーバーには風呂剃りモデルがあるが「中身はES-LV56-Kと全く同じ」ということも店員に言われた

では、何が違うのかと言うと、値段と充電している最中は本体操作ができないということだけである。これがどうして風呂剃りモデルと言われるかというと、ユーザーの中には充電しながら風呂の中で使うという、恐ろしい使い方をする人がいるらしい。そこで感電しないように、充電機に接続されている最中は本体の電源がつかない仕様になっている

これだけで通常のモデルより6000円ほど値段がつり上げられている。パナソニックが最近元気がいい理由がわかった気がした

「そんなの買う奴いるのかよwwww」と思われると思うが、ヨドバシアキバでは大抵品切れで、スタッフは「これがめちゃくちゃ売れるんです。中身はES-LV56とほぼ同じなのに」と言っていた。これの新しいモデルはES-CSV6Nだが、恐らく中身は殆どES-LV5Aと同じなのだろう

 

まとめ

寒い朝に髭を剃るのはとても辛い作業である。洗顔をするのも煩わしいのに、髭も剃らないといけない。電動シェーバーならその煩わしさから解放される。何より嬉しいのが「肌が切れることが殆どない」ということだ、あったとしてもカミソリで切った場合と比べ物にならない

あと、電動シェーバーなら朝急いでいる時に、トイレに入りながら髭を剃ることもできる。因に私はYahooニュースとTwitterを眺めながら髭を剃っている。電動シェーバーを買ってから髭剃りがとても手軽になった。今では便利で手放せない

肌が弱い人にも電動シェーバーはおすすめである。髭が細くて肌が弱いならフィリップス、肌が弱くなくて髭が濃いならHITACHIのロータリー、どちらでもないならパナソニックといった感じろう

たかが髭を剃るのに2万円弱払うのは…と思うかもしれないが、やはりあると便利である。物は試しで購入してみたが、買ってみてよかったと思っている