MR04LN

以前台湾に行った際に、台北桃園空港にて回線契約した。契約したのは中華電信の3日間無制限プランで、使用した端末は、以前Amazonで購入したNEC製のモバイルルーター、MR04LNである。


中華電信の契約プラン

旅行者向けのプリペイドプランは3日間、5日間、7日間のプランがある。これ以上使いたい場合でも、これらはリチャージできるので、切れた際には再度チャージすればいい。

私は3日間いたので、3日間NT$300のプランを選択した。だいたい900円程度である。4G契約なので回線速度は申し分ない。というか日本より速い。

3日間プラン

3日間プラン

桃園空港内で契約できる場所

私は台北桃園空港の第二ターミナル付近で契約した。第二ターミナルからだと、入国審査カウンターの手前に各キャリアのカウンターがあるので、そこで契約することができる。私が契約した際は殆ど人がおらず、並ばずに契約できた。

入国審査手前の携帯キャリアカウンター

入国審査手前の携帯キャリアカウンター

中華電信の他にもいくつかキャリアのカウンターがあるが、正直値段は変わらないので、どれも同じだと思う。あと、入国審査を終えた外にカウンターがあるらしいが、とくに前もって事前予約がいらないので、こちらの方が楽だと思う。

 

契約の仕方について

とても簡単で、3日間のプランを指さして購入する意思を店員に伝えると、端末がアンロックかどうか聞いてくる。MR04LNはアンロック(SIMフリー)なので問題なく使える。そして身分証明書として、運転免許証を提示しコピーが取られ、クレカか現金で支払いを済ませば、後は店員がセットしてくれる。

SIMカードを選んで、端末を渡して、あとは待つだけである。気をつけなければならないのは、このとき端末の設定を日本語のままにしておくと、店員が戸惑ってしまうので、必ず設定を英語、もしくは中国語にしておくことだ。私はうっかりそのまま渡してしまった。

契約後。ファームウェアがアップデートされているが、これは関係ない

契約後。久しぶりに起動したら、ファームウェアのアップデートでが始まってしまった。

使用した感想

とりあえず、回線速度が速い。逆にどこに行けば遅くなるんだというレベルで速い。大抵ダウンロードは30Mbps以上は安定して出ている。もうこのまま日本に持って帰りたいレベル。あと3日間散々使いまくったが、4GB程度しか使わなかった。

回線速度

回線速度

あと、再度確認したのが、MR04LNの使い勝手の良さだった。SIMフリー端末の中でも価格もそこまで高くない。国内でも格安SIMにでも契約すれば使えるし、とりあえず持っておけば何かと便利ではある。

MR04LN

MR04LN

端末自体の重さもとても軽く、ポケットに入れておいても全く不自由しない。SDカードを入れてデータ共有するみたいなことはできないが、デュアルSIMなのでSIMカードを2枚入れられる。あと、絶対にSIM変換コネクタを使うなとあるので、変換コネクタは使ってはいけない。

デュアルSIM

注意書きで、変換コネクタを使うと書いてある

MR04LNは、国内では格安SIMと組み合わせて、海外では現地のSIMカードを使用することができる、使い勝手の良いルーターであることを再確認した。海外に行くとなると何かと慌てる事が多い。この価格ならとりあえず買ってみるという選択も良いのではないだろうか。