スクリーンショット 2015-07-30 21.13.58

 

こんにちは、皆さんいかがお過ごしでしょうか

この時期はM1であれば授業と研究と学会への論文提出で死にそうになっていることでしょう。M2の方であれば就活が終わり修士論文に向けて本腰を入れているときでしょう。B4の方は院試で院死になるかならないかで生きている心地がしない日々が続いていると思います

食事とは癒しである

ストレスが溜まる研究の日々、そんな中でわずかな楽しみと言えば食事だと思います。しかしお昼どきにはどこもかしこも混雑します。学食にいけば学生に溢れ、外に出てもどこもかしもこも混んでいる。ではコンビニや生協で済ませるか?と言ってもコンビニ弁当も飽きたし、それに値段もバカにならない。大して美味くもないのに食費だけはかさむ。

では、弁当ではどうか、やっぱり作るのがめんどくさい。持って行くのも重い。そこまでするなら買う。

そんな風になっていると思います。そこで私が普段からしているのが「研究室で食事を作る」です。お金もかからず、お腹は満たされ、尚かつ美味しい。作るといってもレンジで暖める程度です。それは「作る」といえるのかと思われるかもしれませんが、色々組み合わせるので作ると言って問題ないでしょう。研究で疲れた学生や、昼休みがほとんどない会社員の方におすすめなラボメシを今日は紹介したいと思います

 

ラボメシとは何か

ラボメシとは次のようなもであるとします

  1. 電子レンジや加熱などの調理を要する
  2. 買ってきただけではなく、他の食材、調味料を組み合わせる
  3. 包丁などを使用しない

であることとします。すなわち最低限電子レンジや電気ケトルを必要とします。まあでもこのようなものは大抵研究室にあるでしょう。では次に、私が良く食べるラボメシを紹介したいと思います

 

1.レンチンパスタ

これはもはや定番だと思います。電子レンジを使ってパスタを茹でるというものです。

パスタのよいところはパスタソースを変えれば味に飽きがこないことです。加えて値段も安い。一人前なら60円ほど、それでも足りないなら二人前でも100円程度です。学生にはたまらない安さです。おすすめのソースはこれです。

このパスタソースは神のソースです。普通の料理に使っても最高に美味いです。世の中には親友にパスタ作ってべた惚れされる人種もいるので料理が苦手な女性にももってこいだと思います。さて、ではこれにどうやって一手間加えて美味い料理にするかというと水漬けパスタにします。

調理方法は簡単です。お昼休みが始まる30分ほど前に、先ほどのレンチンパスタの容器に水を入れてパスタを入れて冷蔵庫に放り込むだけ。お昼休みになる頃にはいい具合に水を吸ってモチモチになっています。あとはこれをそのままレンジでチンするだけ。3ヶ月ほどこれで昼食を済ませていたことがあります。

 

2.冷凍うどん

これも定番なものだと思います。耐熱容器に冷凍うどんを放り込んでレンジでチンするだけ。一食50円程度。

しかし、困ったことがあります。そう。めんつゆを用意するのが面倒だということです。水場が近くにない方もいるでしょう。しかし、待って下さい。うどんには便利な食べ方があります。そう。釜玉です。釜玉とはうどんにめんつゆを入れずに生卵と醤油を入れて食べる料理です。これならめんつゆはいりません。しかし「たまごを研究室の冷蔵庫に入れておくのは無理だし買うのもちょっと」という方も多いと思います。そんなときは揚げ玉をいれるのがおすすめです。うどんだけでは殺風景すぎますが、揚げ玉を入れれば少しはマシになります。

そして重要なポイントがあります。それは使う醤油をだし入りにすることです。

寿司屋などでは当たり前に使われているこのだし入り醤油をうどんに使うことで、旨味が加わりよりうどんが美味しくなります。

 

3.冷凍チャーハン

料理なのかと言われると料理ではありませんが、暖かいチャーハンが手軽に食べられるのが魅力的です。一食256円。

これでは高いと思われる方にはセブンイレブンの冷凍ピラフがおすすめです。二人前食べても254円です。セブンイレブンの冷凍食品は素晴らしいです。他には具付きラーメンなどがおすすめです。

セブンイレブンの冷凍食品

セブンイレブンの冷凍食品

 

4.レトルトカレー

意外にもカレーは安い。レトルトカレーは100円ちょっとだし、冷凍ご飯も100円ちょっと。この二つを合わせれば1食200円程度でカレーが食べられる。もしくは自宅から米だけ持ってくれば昼食は100円程度に抑えることができる。量も食べられるのでおすすめ。

 

いかがでしたでしょうか、これが私が普段しているラボメシです。夜食にももってこいです。猛者になるとレーションを食べる方もいると噂に聞いたことがあります。精神的にも肉体的にも削られる研究活動で食事はしっかり取りたいですが、そうもいかないときに試してみて下さい