背面には林檎マークしかないのでとてもシンプル

 

iPhone6sは私の手には大きすぎる「これは確実に落としてしまう」と不安でたまらなかったが、丁度良いケースが見当たらなくて困っていた。Amazonをぼんやりと眺めていると良さげなレザーケースが売っていたので、試しに買ってみた。


レザーケースの外装について

梱包はとても簡素で、茶封筒に緩衝剤もなにもない状態で送られてきた。気になったのは、もう既にこの時点で箱の中に色々入ってることと、どうみても純正品のような面構えな点である。林檎マークがついただけのケースだと思っていたが、どうみてもまるで純正品である。

箱の中が既にきたない

やはり汚い(確信)。が、1600円程度のものなので文句を言うべきかどうか悩むが、やはり1600円は1600円なので文句は言いたい

すでにもう汚い…

あと、もう既に箱が空いているのが気になる。最早アトラクションか何かと思って楽しむしかない。

蓋が完全に締まらない攻めのスタイル

そして、極めつけはこの外装の箱だ。どう見ても純正を意識しているとしか思えない。「保護情報はここな」とAppleのウェブサイトのurlが書かれている。

純正とほぼ同じな箱

散々文句を言っているが、もう楽しんでいるので店にクレームを出そうとは思っていない。しかし、箱を開けた瞬間に刺激臭がしたのは気のせいだったのだろうか。

レザーケースの具合

では、肝心のレザーケースを見てみよう。どうやら静電気か何かで箱に汚れが付着していただけだったようで本体は綺麗だった。

箱の内側が汚れていただけだったようだ

内側は純正同様に起毛のような手触りになっている

カメラ部分が微妙に凹んでいる

カメラ部分が凹んでいるので、B級品か何かなのだろうか。純正品なら内側のiPhoneの文字の下に色々書いてある。しかし、触った手触りは中々良く、シリコンやプラスチックのものと比べて手にしっくりきて良い。ケースを握ると丁度良い具合にレザーがへこむので握りやすい。

 

iPhoneに装着してみる

装着してみると、ぴったりフィットしていて、とても良い。背面のカメラの突起も保護してくれるので、これで机に画面を上に向けて置いても安心である。

背面には林檎マークしかないのでとてもシンプル

また、本体の側面の曲面状部分をしっかり覆ってくれるが、画面に貼っている保護ガラスには全く干渉しない。

保護ガラスと干渉しなくて良い

ちなみに私が使っている保護ガラスはこれである。これはiPhone6sの画面全てを覆ってくれるので、液晶保護ガラスに多い「画面表示部分だけを保護」するのではなく、iPhoneの全面画面全てを保護してくれるというものである。

 

赤色も買ってみた

私は赤が好きなので、赤色のも買ってみた。プライベートでは赤を使って、フォーマルなところでは黒を使うつもりである。

パッケージが黒と全く異なる

赤と黒

装着したところ

色が異なるだけで、触ったときの肌触りや装着感は黒と全く変わらなかった。赤も黒と同様に内側に汚れや、カメラ部分の凹みが見られたのでやはりB級品かなにかなのだろう。しかし、この価格でこのようなケースは中々ないと思う。不安がある人はエレコムが似たようなものを出しているのでそちらの方でも良いかもしれない。