DSC03676

iPadを買った。

たくさんの論文を持ち歩いて手軽に読みたかったのでiPadを買った。最初はiPad Airを買って、次に色々あってiPad mini2を手に入れた。

最終的に論文を読む場所によって、iPad AirとiPad miniを使い分けるというスタイルに落ち着いた。家の中やPCを持ち歩かないときはiPad Airで、PCを持ち歩いているときはiPad miniを使う。

最初にiPadを買う時は「画面がでかい方が読みやすいのでは…」とか「スタイラスペンで書き込むときにはiPad Airの方が書きやすそう」と思い、iPad miniと悩みに悩んで結局iPad Airにした。自分の予想は半分あたっていて、半分間違っていた。

 

画面の大きさについて

まず「画面が大きい方が見やすいのでは?」と思うかもしれない、だが論文読むときはiPad Airだろうがminiだろうが、どのみち文字は小さいので拡大して見るので画面の大きさはあまり関係なかった。

iPad AirとiPad mini。iPad Airを片手で持つのは辛い

iPad AirとiPad mini。iPad Airを片手で持つのは辛い

あと画面がデカければ本体もデカくなるので、電車の中で使おうにもiPad Airは重たいので片手では持てない。両手で持たないと腕がつらい。iPad miniは片手で容易に持てるので楽。 最近ではもっぱらiPad miniを持ち歩いている。なので単純に論文を読むだけならiPad miniが良いと自分は思う。

ケースを着けるとさらに重くなってしまうので、私はケースを着けずにスマートカバーとスリーブを使っている

ちなみにkindleで読もうとは思わない方がいい。操作があまりにもカクカクなのでストレスが溜まって仕方が無い。

 

iPad Airの良いところ

iPad Airは画面が大きいので資料に書き込むのがとても楽。論文を読んでいるときにメモをするのだが、そんなときiPad Airの大きな画面が重宝する。私はjotのスタイラスペンを使ってあれこれメモしている。ペン先が細いと書きやすいのでこれを使っている。

iPadに資料を入れてアプリから資料に書き込むのには、やはりiPad Airの画面サイズが最高にちょうどいい。あとは、撮った写真を編集したり、officeのアプリで資料を作るのにもiPad Airなら外部キーボードを使わなくても自前のキーボードでギリギリなんとなる。

あと重宝するのが地図を見たり、kindleアプリでA4サイズのるるぶのような雑誌や写真集を見るときにすごく読みやすい。また、Amazonビデオを見るのにもiPad Airの画面サイズがちょうど良い。ベッドの上でごろ寝しながら使うには、iPad Airの画面サイズが最適だと思う。

そして、iPad miniよりも電池持ちがずっと良い。使い倒してもiPad Airは電池の持ちが良いので論文読んだり、軽くネットする程度なら一週間は充電なしで使える。iPad miniだとさすがにそこまでは持たない。

 

iPadで論文を読む

さて、肝心の論文なのだが、私がどのようにiPadで論文を読んでいるかというとiFilesを使っている。iFilesはファイラーで、iCloudやDropboxなどのクラウドサービスやSFTPに対応している。プライベートクラウドもこのアプリからアクセスできるので、個人的にはこれが一番だと思っている。

SFTPできるところがいい

SFTPできるところがいい

論文をDropboxに入れておいて、さらにそこからiFilesでiPadのローカル環境下にダウンロードして読んでいる。これでいちいちiTunesから同期しなくてもいいし、ローカルにダウンロードしておけば、オフラインでも読める。

マーカーで下線を入れたり、メモを入れたり色々できる

マーカーで下線を入れたり、メモを入れたり色々できる

何より嬉しいのが辞書が入っていることだ。文字が埋め込まれているpdfファイルならば、選択して直接調べることができる。紙ではこのようなことはできない。英語で書かれた論文では重宝する。

文字が埋め込まれたファイルなら選択ができ、辞書で調べられる

文字が埋め込まれたファイルなら選択ができ、辞書で調べられる

辞書は殆どの言語に対応しているため、困ることはないと思う

辞書は殆どの言語に対応しているため、困ることはないと思う

また、iFilesなら直接資料に書き込むことができるので大雑把にメモをとることもできる。論文を読んでいるとどうしても書き込みたくなることがあるので、この機能はとても嬉しい。こんな感じで私は移動中などで論文を読んでいる。紙媒体よりずっとたくさんの論文を持ち運べるし、わからない単語はすぐに調べられる。もう紙には戻れない。

 

Wi-FiモデルかCellularモデルか

私が持っているiPadは全てセルラーモデルだ。セルラーモデルの方がキャンペーンなどで比較的安く購入することが出来るし、iPadは海外のSIMに対してはSIMフリーなので海外でも使える

アメリカでAT&Tのデータ通信の契約をして使用していた。「いざ海外に行く!」となったときにわざわざSIMフリー機を買う気にはならないし、海外にそんなに行かないのに何万円もするものにお金を使う気にはなれないが、iPadならそんなことはない。国内にいるときは最低維持費にしておいて、格安SIMを入れて使えばいいし、海外に行くときは海外のSIMを入れてやればいい。

アメリカで使ったAT&TのSIMカード

アメリカで使ったAT&TのSIMカード

あと、セルラーモデルだけGPSが内蔵されているのでカーナビとして使用できる。最近ではもっぱらヤフーカーナビでiPad Airをカーナビ代わりにして使用していることが多い。画面が大きいので運転していても見やすいので助かる。先日アメリカに行った時も、プレザントンでカーナビ込みで車をハーツを借りたら店員に「ごめんカーナビの在庫が無い」と言われ仕方なしにiPad miniをカーナビ代わりにして運転した。

yahooカーナビ。タッチパネルがカーナビと段違いで良いので操作性は素晴らしい

yahooカーナビ。タッチパネルがカーナビと段違いで良いので操作性は素晴らしい

 

結局iPad Airなのか、iPad miniなのか

端的に言えば、家に長く居る人はiPad Air、家に殆ど居ない人はiPad miniをすすめる。持ち運ぶのにもminiの方が楽だし鞄を選ばない。私の知人を見ても「最初にiPadで次はmini」という人が殆どで、やはり毎日の持ち運びにはminiの方がいい。ジャケットのポケットにも入るので、これからの季節はより持ち運びやすくなると思う。

一方で、家でもガッツリベッドの上で動画を見たりカラーの雑誌を読みたいのであれば、大きい画面のiPad Airの方がいい。

個人的にはiPad mini4を進める、mini2はCPUが貧弱なのかアプリがすぐに落ちる。iPad AirならiPad Air2の方が軽くてCPUの性能も申し分ない。容量に関しては16GBは本当に割り切って使えば何も問題はないが、あれやこれやと使って行くうちに容量が全然足りなくなるので私は64GBを進める。いくらデータはクラウドに移せても、アプリはクラウドには移せない。

あとはiPad全般に言えるのはiTunesUが最高に素晴らしいということ。AndroidタブレットとiPad悩んでいるなら、学生ならiTunesUがあることを考えるとiPad一択だと思う。あとはPodcastも素晴らしいので勉強真っ盛りな学生はやはりiPadだと思う。無料でここまで最高な教材が使えるなんて本当に最高な時代だと思う。

 

iFiles
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: ¥480