IMG_0268

私は2013年の9月から10月までインドネシアの首都ジャカルタでインターンシップを実施した。その際に持っていったものをまとめたいと思う。一ヶ月の滞在だったので、120Lのスーツケースを持っていった。現地では特になにも買い足さなかったので、この持っていったもので良かったのだと思う。

自分が荷物をどうしたら良いか悩んでいる時に、とても苦労したので、誰かの助けになれば幸いである。正直いらなかったものには×印を付けておく。

 

バック類

キャリーケース 
ドイターの25Lバックパック
コールマンのウエストポーチ

キャリーケースは長期旅行用の大きいものを。これに衣類やら生活用品やらを入れる。バックパックにはパソコンなどの精密機械を入れて手荷物として機内に持ち込む。コールマンのウエストポーチ普段の生活で使用する。これに財布やパスポートを入れて取り出しやすいようにする。斜めがけにして体の前に持ってくることで、貴重品をしっかりと管理することができる。正直今なら、メートヘンではなくノースフェイスのシャトルデイバッグをすすめる


セキュリティ関係

iBUFFALOのワイヤーキー【×】
gowellのワイヤロック 
サンワサプライの南京錠 
スキミング防止ポーチ 
シークレットウエストポーチ 

これらは全て、全てキャリーケースに収納した。正直何を持って行ったらわからなかったので、とりあえず使いやすそうなものを持っていった。しかし、ワイヤーキーはキャリーケースに入れて鍵をして管理していたので使わなかった。南京錠はバックの鍵をするのに便利だし、シークレットウエストポーチはパスポートを持ち歩く際には便利だし、海外に行くなら絶対に持っていた方がいい。


書類関係

パスポート(ポーチ)
パスポートのコピー2枚(一枚は財布の中へ、もう一枚はキャリー)
パスポートに使った写真(キャリー)
e-チケットお客様控えのプリントアウトしたもの(キャリー)
海外インターンシップに関する書類が入ったケース(バックパック)
googleのバックアップ確認コードを印刷した紙(バックパック)
AIUの保険の注意書き(ポーチ)
25ドル(財布)

すべてドイターのバックパックに収納した。パスポートのコピーは、現地でパスポートを普段から持ち歩くのは紛失したり盗まれたりしたら困るので普段はコピーを持ち歩くため。パスポートに使った写真はパスポートを紛失した際に再発行に必要。別に現地で撮ればいいが、撮るのに手間取ると思うので持っていった方がいい。googleのバックアップコードはgoogleの二段階認証ができなかった場合に予備で持っていく。25ドルはビザを購入するのに使う。


電子機器

MacBookAir (ウイルスバスターインストール済み、重要なデータを全て消去済み)
Lightning cable 
Micro USB cable 
iPhone5 
Xperia acro HD 
cheeroモバイルバッテリー 
USB変換コネクタ 
電子辞書【×】 
海外対応C型変換プラグ
海外対応C型変換延長プラグ 
延長コード、たこあし 
USB変換コネクタLANポート
Thunderbird変換コネクタHDMI 
Thunderbird変換コネクタVGA 
有線LANケーブル【×】
USBメモリ
PC眼鏡 

すべて手荷物でドイターのバックパックに入れた。インドネシアは輸出管理ブラックなので気をつけよう。輸出管理についてはここ。スマホを2台持って行ったのは予備なのとデジカメとして使う用。インドネシアはCプラグなので注意。変換プラグはヨドバシアキバ等で買える。延長コードやたこ足はあると便利。LANケーブルを持っていくのは現地で借りると爪が折れているものが多く外せないことが多々あるため。


衣類関連

上着を5枚
ズボンを4枚
寝間着
長袖の服(カーディガン)
下着5枚
靴下5枚
水着
サンダル
靴(adidasのスポーツシューズ)

全てキャリーケースに収納した。スーツを持って行かないのはインドネシアではバティックを着れば正装になるらしいから。現地でバティックを購入して重要な会議に参加した。カーディガンなどの長袖の服は体調を壊したときに必須。シューズで行ったが現地ではサンダルが殆どだった。


医薬品

胃腸薬
消毒液
蚊よけ
殺虫剤【×】
アルコール除菌シート
身につける蚊よけ【×】

全てキャリーケースに収納した。殺虫剤のスプレーは日本からは持っていけるが、インドネシアから日本に持って帰れない。結局職場にずっといたので全く使わなかった。しかし、蚊よけスプレーの効果は凄まじく、日本の蚊よけスプレーはインドネシアでも通じた。


文房具関連

リーガルパッド(手荷物) 
筆箱(手荷物)
指差し会話帳(手荷物)
手帳(手荷物)
はさみ(キャリー)

はさみはキャリーケースに入れないと機内に持ち込めないため空港でとられてしまう。手帳はなんだかんだあると便利だし、ロルバーンの手帳はクリアーフォルダーが5枚ほどあるので大事な書類を入れられる。指差し会話帳はないと生活できない。リーガルパッドはメモ帳のようにサッと書けるので便利、あと安い。


食品関係

インスタントみそ汁【×】
お土産用のキットカット抹茶味
3日分の食料と水
フォークとスプーンとはし

世界中を放浪しまくった母曰く「みそ汁は絶対に飲みたくなる」と言われたが正直いらなかった。本だしも同様の理由で持っていたが全く使わなかった。3日分の食料はインドネシアに着いた数日はどこで食事をしていいかわからないだろうと思ったので持っていった。


洗面用具

全てキャリーケースに収納

Fogbar
固形石けん
体を洗うタオル
バスタオル1枚
毛抜き
爪切り
歯ブラシ
歯磨き粉
綿棒
シャンプー
リンス
髭そり
替刃
ジェル
柑橘系のアロマオイル【×】
ハッカ油【×】
ボディペーパー
おけ【×】
香水

バスタオルは宿で貸してもらったので使わなかった。ちなみにインドネシアではお湯の出るシャワーは殆ど存在しないのでリンスが落ちなくて大変だった。どうしてお湯が出ないの?と聞いたら「HAHAHAH!!!暑いのにどうしてお湯なんて被るんだい?HAHAHA」と言われた。桶を持っていたのは下着とか靴下を自分で洗うため。ズボンとかシャツは宿の人にお金を払って洗ってもらっていた。柑橘系のアロマオイルは虫除けとして使う


その他

収納用ジップロック
圧縮袋
ビニール袋
ビニールテープ
無くしてもどうでもいい財布
眼鏡
本を何冊か

本は何冊か持っていった方がいい。空港の待ち時間とかで時間をつぶすのに丁度いい。無くしてもどうでも良い財布はダミーとして持っていった。


持っていった方がよかったもの

これらが私がインドネシアに持って行ったものである。どれも万遍なく使った。一番よく使ったのはアルコール除菌ペーパー。どこで買えばいいのかわからないし、そもそもあるのかも怪しいので日本から持って行くのをおすすめする。次に持っていけばよかったなぁと強く思ったものを列挙する。

・ポータブルHDD

インドネシアでSSDがクラッシュして酷い目にあったのでバックアップとして持っていた方がいい。HDDにOS XかLinuxをインストールしておけば緊急時にも対応できる。あと日本で買った方が安い。

・Kindle

本を持っていくのはかさばって荷物になるのでkindleを持ってくのをおすすめする。(kindle買いました)

・GSM対応ルータ

やはり、回線契約はしておくべきである。町中にWi-Fiなんて飛んでないし、ネットがなければ緊急時にも対応でできない。


まとめ

これらが私が実際にインドネシアにいって「持ってくればよかった…」と思ったものである。現地ではとくに回線契約をせず、会社のホテルのWi-Fiで乗り切った。高いホテル(シェラトンとか)であれば部屋でWi-Fiが使えるが、ジャランジャクサにある安宿なんかだとロビーでしかWi-Fiの電波が届かないなんてことがザラなので長期滞在するならば、やはりネット回線は契約した方がいい。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です