DSC03648

 

全国の髭の濃い男性の皆さんこんにちは。全日本髭濃い協会会長です。全日本髭濃い協会はたった今作ったので実際には存在しません。しませんが、私の髭が濃いことは現実です。誰か助けて下さい。

髭剃りという業に向き合い8年。もうそろそろ髭剃りについて熱く語ってもよいのではないだろうか。いや、熱く語らせて頂きたい。誰にも話すことができずに溜め込んでいたこの葛藤を思う存分に語りたい。

私は肌が弱く、毛はそこまで多くはないが、毛が太いために目立つタイプ、いわゆる青髯だと最初に申し上げておきたい。髭というのは人によって異なるのだ。髭剃りや髭について語るなら、自分の髭の状態について語らなければ何も始まらない。

まず最初に我々の永遠のテーマである。「毛根に残った毛は剃れるのか」というところから話しを始めたいと思う。

1.「毛根に残った毛は剃れるのか」

端的に答えを言おう。剃ることはできない。これは脱毛しか道はない。最近電車の中吊り広告で見るような脱毛をしなければこの問題は解決できない。悲しい事実だが、インターネットの海を探し求めて、また髭を剃り続けて8年かけてわかった私の答えはこれだ。

しかし、これだけでは絶望しかない。次に我々がどこまで出来るのかということを話していきたい。

 

2. 深剃りについて

シェーバーの謳い文句である「深剃り」その甘い言葉に誘われてうっかり手に取り、買ってしまう。そして髭が生えていなかったあの頃のフェイスに成れることを期待する。しかし、「深剃り」で出来るのは肌から飛び出た髭のみであり、毛根には毛が残っている。我々にできるのはあくまで皮膚から飛び出た髭を刈ることだけなのだ。

仕方が無い。受け入れるしかない。私も色々試行錯誤したが、あの頃のフェイスになることはできなかった。見えなくなる程度には剃ることができるが、毛が太い場合は毛根に残っている髭の断面から見えてしまい、これがいわゆる青髯となる。私の経験から言えばこの具合を少しマシにできるのが「深剃りができる」ということなのだ。

次に、深剃りを求めて私が買ったシェーバーを挙げていこう思うのだが、その前に髭の剃り方について語りたい。

 

3. 髭の剃り方

使うシェーバーも大事だが、それ以上に剃り方が大事だ。大抵の人は何もせずにシェービングジェルを塗って、そして剃る。という流れだと思う。それではいけない。そんな剃り方をしたら流血は必至である。ではどのようにすれば寝不足で肌がボロボロの状態でも流血せずに剃れるかを自分の経験から説明したい。

洗顔 

洗顔をすることにより、寝ていた髭が立つ
蒸す 蒸しタオルで顔を蒸す。蒸しタオルは電子レンジで500wで40秒ほどチンすれば出来る。洗顔だけでは肌に水気がないのだが、蒸しタオルで蒸すことによって肌が水分を吸って柔らかくなる。これで睡眠不足でボロボロの肌でも極力流血を避けることができる。本当にこれだけで段違い
塗る シェービングジェルを均一に顔に塗る。このときに髭を立たせるように手を動かすと剃りやすくなる。
剃る いきなり毛が向いている方向と逆向きに剃らずに、毛の向いている方向と同じ方向に向かって剃る。逆向きから剃った方が剃れそうな気がしてならないが、いきなり逆向きに剃ると肌を痛める。数回毛の方向と同じ向きに剃ったら、次に逆向きに剃る。このやり方で極力流血を防いで髭を剃ることができる
ケア 髭を剃った後は化粧水などを塗って肌のケアをする。やはりするのとしないのとでは大違い。それ用の製品もあるが、アルコールが入っていてやたらスースーして痛いので化粧水でいい

 

以上が私が髭を剃る時にしていることだ。こうすれば極力流血を避けられる。もっといい方法がある場合は是非とも教えて頂けると本当に有り難い。

次に、深剃りを求めて私が買ったシェーバーを挙げていく。オススメしないものも入っている。

 

4. 私が使ってきたシェーバー

私が使ってきたシェーバーを列挙する

Gillette Fusion (使用期間:5年間)

これは私が初めて購入したシェーバーだ。高校2年生のときに買ってそれから大学生の途中あたりまで使っていた。5年も使ったのは良かったからではなく惰性。CMをたくさんやっていて認知度もそれなりにあると思う。

5年も使ったのだから感想を言わせて頂きたい。これはオススメしない。少なくとも私のような髭の人にはオススメはできない。それは何故か、以下の画像を見てもらいたい。

潤滑剤部分が刃より前に飛び出ている

潤滑剤部分が刃より前に飛び出ている

これはFusionのヘッドの部分だ。上についているのは刃のすべりを良くする潤滑剤のようなもので、水に濡らすとベトベトする。問題なのはこの潤滑剤部分だ。この部分が飛び出しすぎているので刃が肌にあまり密着しない。当て方を工夫しないとせっかくある5枚刃が肌に当たらない。そしてヘッドが固定式で動かないのだ。つい先日出たフレックスボールはヘッドが動くが、これは動かない。あまりにも動かないので刃を当てるのが難しく、よく肌を切って血を流していた。

ヘッドが動かないので自分の手をうまい具合に動かさないと剃れない。刃がそもそもうまくあたらないのに、さらにヘッドが固定で全然当たらない。「文句ばっか言っているのになんで5年も使ってるんだよ…」と思われるかもしれないが、私は当時「シェーバーなんてこんなもんか」と思っていたのだ。シェーバーなんてどれもこれも似通っていて同じものだと思っていた。だから何も考えずに5年間も使っていた。もう一度言う。これはオススメしない。

 

Gillette Fusion Power (※リンク先はプログライドパワー)  (使用期間:6ヶ月)

Amazonではもう扱いがないのかFusion Powerは置いてなかった。モーターが入っていて乾電池式でブルブル震えるシェーバーだ。「Fusionあんま剃れないし、これならいけるかも…」と思い購入した。端的に感想を言えば、振動の意味はなかった。全くないと言っていい。あまりに無さすぎで唖然としたのを覚えている。使用期間がやたら短いのは、最後はホテルに忘れて問い合わせても無かったため。これもFusionと同じ理由でオススメしない。繰り返して言うが、振動の意味は本当に無い。

 

エフシステム サムライエッジ (使用期間:1年)

そんなFusionにとうとう見切りをつけて購入したのが、このサムライエッジ。AKBがこのシェーバーを持って、真っ赤な衣装を着て笑顔でポーズを決めているという最高にセンスの無いポスターを作っているが、これは良く剃れる。3枚刃だが、なめてはいけない。これはFusionの5枚刃とは何だったのかと思えるほどに良く剃れる。3枚の刃がピッタリと肌に密着して、さらにヘッドが動くので気にしなくても刃が肌に当たるので良く剃れる。これを初めて使った瞬間にFusionを使っていた5年間を後悔した。ヘッドが動くので肌を切ることが殆どなかった。

 

Panasonic ラムダッシュES-LV56-K (使用期間:2015年3月〜)

サムライエッジでいいじゃん。と思っていたが、3月に何故か「新生活始まるし、気分を変えたい」という理由で購入した。端的に言うとおすすめ。良く剃れる。正直T字シェーバーより剃れるとは思ってなかった。今はこれしか使っていない。この製品については別に詳しく書きたいので、ここでの説明は省略する。電気シェーバーならではの剃ったあとに肌がヒリヒリしなくていい。

 

5. まとめ

これらが私が8年かけて行き着いたことだ。これが最良な方法だとは思ってはいない。もっと良い方法があると思っている、というより願っている。どうかこの記事を読んだ方の中でもっと良いやり方もしくはシェーバーがあるということを知っている方がいたら是非教えて頂きたい。私はまだあの頃のフェイスに戻れることを心の中で信じているのだ。まだ諦めてはいないのだ。