以前購入したComply Tx-200

 

以前XBA-A3を購入した。XBA-A3の音には満足していたが、如何せんフィット感には不満があった。ネットを調べてみるとComplyのイヤーチップにすると、遮音性が高まり音も良くなるというような感想が多々あったので、試しに購入してみた


Comply Tx-200

Complyのイヤーチップは、一言で言えば耳栓で、形状も装着方法も完全に耳栓である。潰して耳に入れ、耳の穴の中で膨張するので、ガッチリとフィットする。

Comply Tx-200

Comply Tx-200

私が購入したのは耳垢ガードが付いたTx-200だ。正直なところ、耳垢ガードがあることによって耳垢がガードされている感はあまりない。というか、XBA-A3はイヤーピースを外すと耳垢ガード的なフィルターがあるので、耳垢ガードはいらなかった。

耳垢ガード

耳垢ガード

私が購入したものと同じ形状で、T-200がある。こちらの方がAmazonで700円ほど安いので、次に購入する際はそちらを選ぶと思う。また、他にも球体の形状をしたTsシリーズがある。

 

Comply Tx-200を使用してみて

XBA-A3はハウジング部分が大きいため、純正のイヤーピースでは、着け心地若干緩く感じた。しかし、Complyを使用することによって、その点は改善され、しっかりとした装着感が得られた。

防音と良い音になるかについては、正直なところ「そこまで…」という感じが強い。やはり所詮はノイズキャンセリングは付いてないし、SHUREのように遮音性があるわけでもないので、これを使用することによってXBA-A3がSHUREのイヤホンになるみたいなことはない。

DSC_4639

装着感が良くなった。ハウジングが大きくて重いXBA-A3には、これは嬉しいところ

別のイヤホンでも試してみる

Complyのイヤーチップは3セット入っているので、残りのイヤーチップをwalkmanに付属していたノイズキャンセリングイヤホンに付けてみた。

walkman用のノイズキャンセリングイヤホン

walkman用のノイズキャンセリングイヤホン

使用した感想としては、フィット感が向上したことにより、密閉感を実感した。遮音性が上がったかどうかと言われると、これを付けたことによってBOSEのQC25のような静寂さが得られるというわけではない。

しかし、繰り返し言うように、フィット感は確実に良くなる。シリコンのイヤーピースでは、装着した際にグラつきや、密閉感をあまり感じないが、コンプライならそんな事は無い。

「付ける」か「付けない」かの二択なら、間違いなく付ける。因に、このイヤホンはSONYのMDR-NWBT20Nのイヤホンと同じなので、コンプライのイヤーチップを付けることができる。

 

まとめ

当初の目的であるXBA-A3のフィット感を良くするという目的は果たされたので私は満足している。

3000円程度するが、耳にピッタリフィットし、装着感が増すから買った方がいいというのが私の感想だ。XBA-A3のようなデカくて重いハウジングのイヤホンは勿論のこと、ノイズキャンセリングイヤホンのようなものにも良い選択だと思う。